HV5S SWR異常が解決

HV5SのSWR異常で頭をひねっていましたが、ふとアンテナ直下ではどうなのかと50㎝の同軸をつなぎ調べてみると、

きれいにSWR1.0・・・・エレメントを切りすぎたので周波数は高くなっています。5mの同軸をつないでSWR1.1となんの問題もありません。
原因は引き込み箇所の変換コネクターに雨水が入りさびていました。

これが原因だったのですがアンテナの故障と思い込みエレメントを切りすぎたり無駄なことをしてしまいました。
新しいエレメントは購入してありましたので早速つなぎ変え、とりあえずアンテナチューナーで7.1MHzでSWR1.1で落ち着きました。あとはエレメントの調整で7MHzでのQSOが出来ます。

7MHz SWR がおかしい

7MHzのアンテナの調子がおかしくなりこまった。
以前は、

今は

uBITX にアンテナをつなぎ送信 するがSWRがめちゃくちゃ!
ダミーロードではSWR1.2ですのでアンテナがやはりおかしい。アース状態がわるくなったのかと思いカウンターポイズを購入。

高田企画のラジアルキットを使ってみましたが全く変化ありません。HELP ME!!

リミティング・マイク・アンプ完成

CYTECリミティング・マイク・アンプ完成です。

uBITXにつなぎ完成と思ったのですが、ローカル局からのレポートは「ガサガサした音だなー」・・・・
モニター音は確かに硬い音ですがこんなものかと思っていました。

せっかくマイクアンプが一応使えるようになったのですが、QRPのためコールしても応答していただけません。超ローカルさんのレポートも57と寂しいシグナルレポートです。
昔のようにローカルさんとのロングQSOもなく様変わりを感じるアマチュア無線です。

uBITX SSB 不調の原因

SSBの変調が不調の原因がわかりました。マイクアンプQ6が動作していないようです。TP20にクリスタルイヤホンをつなぎテスト。

付属のマイクをつないでも何も出力されません。マイクアンプをいれるとマイクアンプの出力より小さい音が出ています。Q6が動作していませんので電圧を調べると、
コレクター9.5V ベース2V エミッター1.2V こんなもんでしょうか。さてどこに問題があるのでしょう。とりあえずマイクアンプを完成させQ6スルーでテストしてみます。

<追記>
しばらくして試してみると付属のマイクで動作しました。動作が不安定で困ったものですがマイクアンプをつなぎうまくいけばいいのですが。

AUDIO1 コネクターにマイクをつないだところちゃんと動作しました。マイクジャックにつなぎ変えるとノイズがはいりNG、やはり問題はマイクジャックの不安定な接触にあったようです。

Graphic equalizer LA 3600

uBITX のSSB 歪の原因はどうも回り込みのようなのでマイクアンプをしっかり作り直しをすることにしパーツを発注。しばらく休憩をすることにし Graphic equalizer を組み込むことに挑戦してみます。市販のグラフィックイコライザーはアマチュア無線には使えません。完成品は高く手が届きません。

ネットを見ていると、
5-band EQ
を見つけました。お値段も47$とちょっと魅力的です。さて使われているICを調べるとなかなか手に入らないようです。

計画としてはグラフィックイコライザー✙マイクアンプでケースにいれ完成させたいと思います。