AVRISP mkⅡコネクタ6ピン変換

中国から届いたAVRISP mkⅡは10ピンのコネクタがついています。使いにくいので6ピンに変更しました。

Microchip Studio では問題なく使えますが、Arduino IDE からは AVRISP mkⅡは認識されず使えません。libsub -win32 をインストールして AVRISP mkⅡ を使えるようになりました。ところが何度か使っているうちに動作しなくなり、何度もインストールを繰り返してみましたが改善されません。レジストリーからも削除し最後のインストールをしましたがデバイスマネージャーのポートには出てきません。よく見てみると Microchtip tools に AVRISP mkⅡがあります。

Arduino IDE からの書き込みは出来るようになりましたが、 Microchtip tools に AVRISP mkⅡ は Microchip Studio インストールした時からあったのかはわかりません。どちらからも書き込み可能となったので良しとします。

uSDX PCB 到着

まだパーツが揃っていないのにPCBが USA から届きました。

TSS にだめもとで保証は受けれるかメールをしてますが返事はまだ来ていません。パーツを集めるには時間がかかるので製作は来年になりそうです。

<追記>
 four LPF boards が不足していることに気が付きました。メールを送りましたが返事待ちです。

返事がきました。
I just sent out the filter boards. They should be arriving soon. Thanks! 
足りないことに気が付いて良かったです。

12月25日
無事届きました。

ヒューズリセッターを作りました

ATmega328pの復活のためヒューズリセッターを作ってみました。以前ATmega168の復活のためブレッドボードに作ったのですがばらしてしまいました。今度は小型に作り保管しておこうと思います。

今回もブレッドボードを使いましたのでワイヤーだらけです。こちらを参考にさせていただきました。
http://100year.cocolog-nifty.com/blog/2014/05/atmega488816832.html

QCX-SSBのファームウェアのテスト

ATMega328Pを使ったSSBトランシーバー

ATMega328Pでこれだけのことをこなすとはびっくり、いつもの通り表示テストをしてみました。

ヒューズビットの変更等でATMega328Pが使えなくなったが、別のATMega328Pでやっと表示することが出来ました。

AVRISP mkⅡ中国から届きました

PICKIT3がうまくいったので次はAVRISP mkⅡを試してみます。まずAtmel Studio 7をインストール。AVRISP mkⅡをUSBに差し込んだところビックリマークが!!
ドライバーをインストールしなければなりません。とりあえずAtmel Studio 7のドライバーフォルダーからインストール。あれCOMポートが出てきません・・・・

Microchip-Tool として認識されています。

ToolからAVRISP mkⅡを選ぶことができプログラム書き込みも出来るようになりました。

私のAVRISP mkⅡ互換機はATMEGA128Aが使われています。USBシリアル変換とばかり思っていましたのでCOMポートばかり気にしていました。