Arduino bootloader.hex

手持ちのATmega328,Atmega168をArduino化するためにはbootloaderの書き込みをしなくてはなりません。

今までヒューズビットを変え対応したbootloaderを書き込んでいましたが、もっと簡単にと思いbuildフォルダーを見ると、xxxx.ino.hexxxxx.ino.with_bootloader.hexと二つのファイルがあります。

arduinobulid

xxxx.ino.with_bootloader.hexのほうを書き込めば、Arduino互換機としてArduino IDEで直接使うことが出来ます。

適当なスケッチの例を使えば、対応bootloaderを選ぶ必要もなく自動的にbootloadeも書き込まれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です