uSDX 完成 ところが!

uSDX 完成しましたが何にも聞こえません。アンテナを接続しても変化がありません?

FST3253が生産終了で互換のCBT3253 を使ったのが原因のようです。1ピンが5Vに接続されていますが、CBT3253 の場合はどうもグランドに接続しなければならないようです。

1ピンを引っ張り上げようとしているうちに1ピン2ピンが!!

仕方なくCBT3253 を取り外しましたが PCB を壊してしまいました。1ピン2ピンは直接基板にはんだ付けすることにします。CBT3253 について良く調べてから作業するべきでした。

「uSDX 完成 ところが!」への7件のフィードバック

  1. こんにちは。
    FST3253とCBT3253は完全に互換ではないのですね。
    先ほど「本当だろうか」と思いデータシートを見て、驚愕しています。
    私も製作途中です。注文間違いなどで部品は揃っていない状態です。
    この記事にあるCBT3253のピンピッチ違いを頼んでしまい、うなっている所、この記事を見つけました。
    多分、私も同じ箇所で悩んでいただろうと思います。
    ありがとうございます、と書くのは変ですが、ありがとうございます。

  2. エクセルのBOMにはFST3253=CBT3253と載っていますので、
    多くの人は完全互換と思ってしまうでしょうね。
    私がこのページにたどり着かなかったら、全く解決方法が見つからなかったでしょう。
    74HC4053の回路も興味深いですね。
    +5Vのパターンを切ってアースに落とせば良いのでしょうが、部品は買い直そうと思います。

  3. 初めまして。usdxで検索していたらここにたどり着きました。
    3253が入手できなかったので、最初から4053+arduino nanoで工作していました。
    送信部はこれからですが、受信は問題ないようです。
    今後、usdxの工作の参考にさせていただきます。

    1. コメントありがとうございます。
      試験的にQSOをしていますがコンディションがいいと結構飛んでくれます。(静岡・新潟)保証認定を迷っています。

  4. こんにちは。
    どこにコメントしたら良いのか迷いましたが、こちらにコメントいたします。
    私も組み立て終わり、完成したようです。
    これで完成なんだろうか?という疑問はあるのですが。
    送信は7MHzのCWで12Vを掛けたら2W出力しました。
    フォーンのモードは試していません。
    こちらのページに辿り着かなかったら、相当悩んでいたと思います。
    私も、保証は迷っています。
    SDRはどのように系統図など書けば良いのか、いまいちというか皆目わからないです。
    ぼちぼち勉強しながら進めます。

    1. 完成おめでとうございます。
      PA Bias max 調整で多少出力はupしますがこんなものかと思います。(本家QCXでは13.8Vで5Wとなっています。)
      送信機系統図はまだ出来上がっていません。保証認定料も痛いですよね。

JG2VSF へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です