DDS-VFO RFアンプの製作

DDS-VFOの出力が小さいようなのでRFアンプを作ってみました。ブレッドボードに10MHzのローパスフィルターも一緒につけました。

DSCN2328

結果は、

DSCN2329

100円ショップの電池チェッカーのメーターにダイオードをつけた簡単なものですが、ほとんど触れなかった針が景気よく触れてくれました。

出力が上がったので周波数カウンターも表示が安定しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

前の記事

AD9834を変換基盤に半田付け

次の記事

ユニバーサル基盤DDS-VFO2