si5351a TFT VFO

AD9850 TFT DDS VFOは手持ちのAD9851モジュールを使う予定でしたが、どうもAD9851を壊したようで動作しません。

新しくAD9850を購入しなくては完成しません。それならJA2GQPさんが新しくsi5351a TFT VFOを公開されました。

早速試してみましたが、

DSCN3048

どうも上手くいきません。ライブラリーをたくさん入れているので干渉しているのかもしれません。

AD9850 TFT DDS VFOでもロータリーエンコーダーが動作しない原因がこれでした。

そこで、AD9834なら4個も持っています。ならこれを使えばDDSの購入はしなくて済みます。

AD9834 TFT VFOに挑戦してみます。といってもひと様のプログラムの継ぎ接ぎしかできませんが。

“si5351a TFT VFO” への4件の返信

  1. 3.3Vの電源容量不足の時、この様な不具合が発生します。イニシャル処理以降進んで無いと思われます。多分、SW操作、エンコーダ操作しても何も変らないのでは?

    2.2″TFTは、結構多くの電流を消費するので、注意。

    AD9834TFTも少し考えました。意欲が湧かないので何もしてませんが・・・・

    1. こんにちは
      ご指摘のようにSW、エンコーダは反応なしです。
      安定化電源を使っても変化はないので再度ライブラリーを見直してみます。
      AD9834はArduino AD9834 DDS VFOスケッチのコピーで動いていますが、細部についてはよくわかりません。
      いつもアドバイスありがとうございます。

  2. その後の試験で、si5351aモジュールが実装してない場合、この現象が発生する事が判りました。(si5351aを外して、同じ現象が出る事を確認しました。)

    1. お騒がせしました。
      実はsi5351aはまだ購入していません。
      スケッチの動作確認のつもりでしたが試験ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です