AD9851 DDS-VFO

またまたJA2GQPさんのAD9850 DDS-VFOを使わせてもらいました。ところが私はAD9851モジュールしか持っていません。
プログラムを変更しなくてはなりません。
Const Scal = 34.35973837
Const Dds_cmd = &B00000000
モジュールは30MHzを6倍モードで180MHzとなっています。
Const Scal =  23.8609294222
Const Dds_cmd = &B00000001
AD9851使用のため変更してみました。
AD9851DDS-VFO
なんとか上手くいきましたよ。
ひとつ気になるのはATmega168を使っています。ATmega88aのプログラムですが、
$regfile = “m88adef.dat”をm168def.datに書き換えるとデモ版ではオーバーしてしまいます。$regfile = “m88adef.dat”のままで動いています。
裸のDDS-VFOがいくつも出来上がりました。ローパスフィルターとRFアンプを付け、ケースに入れれば格好良くなるのですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です