AD9834 TFT DDS VFO(3)

AD9834 TFT DDS VFOを再トライ。

というのはAD9851の調子が悪くついに12Vを間違ってつなぎ煙!

仕方なくAD9834をArduino nanoにつなぎ確認。

IF周波数は8.467MHz

表示周波数 7.0MHz  → 発振周波数 15.4670MHz

表示周波数 7.1MHz  → 発振周波数 15.5670MHz

表示周波数 7.2MHz  → 発振周波数 15.6670MHz

いい感じですここで休憩。

再度動作させると、nanoから異臭そして煙!

新しいnanoに替えても同じ状況。

nanoには12V、DDS.TFTには5Vをかけています。

一応Arduinoは7V~12Vとなっていますので問題はないと思ったのですが。

dscn3074

電圧レギュレータ [AMS1117] が膨らんでいます。

この状態でUSB接続で書き込みも出来ます。AMS1117が焼けてしまったようです。

それならと、5V端子に5VをつなげようとAMS1117を強引にペンチで取り外しました。(横のコンデンサーらしきものもとれてしまう)

何が起こるかわからないので4.5Vの電池を5V端子につなぐと動作はしますが、動作電流は70mAと異常値です。

焼いた人は他にもいるようですのでこんなものなのか?

とりあえず次は9Vで使ってみようと思います。

追記

%e3%82%b9%e3%82%b1%e3%83%83%e3%83%81

この抵抗もやられたみたいで導通、これを替えれば5Vで正常動作すると思います。

追記の追記

抵抗と思っていましたがコンデンサーでした。これが短絡したためAMS1117が焼けてしまったのでした。

なるべく電圧を下げて使うようにしなくてはいけません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です