ユニバーサル基盤DDS-VFO2完成

DDS-VFOの2号機が完成しました。

DSCN2332

RFアンプの動かなかった原因はベースへの+側の抵抗の配線ミスでした。トランジスタをカットしてしまったので基盤裏にべた付けしました。

ローパスフィルターとロータリーエンコーダーを付け完成ということにします。

1号機より大きな基盤を使ったので半田付けは楽に出来ましたが、配線ミスより配線もれトラブルに泣きました。

パーツの購入の出費が多く、作る楽しみが優先となってしまいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です