uSDX ほぼ調整完了です

uSDX の出力が約2.5Wになりました。QCXのマニュアルには13.8Vで5W出力とありますので12Vではこのくらいかと納得しています。

SSBではマイクゲインが足りないようなのでマイクアンプを使うようにしています。なんとかQSOが出来る状態になりました。

さて本格的に使うには日本の電波法ではTSSの保証認定が必要となります。アマチュア無線なのですからもっと自由に自作機のテストが出来ればいいのですが。

アマチュア無線は本来、科学的な趣味です。電子部品を利用して無線通信機器を作ったり、手作り無線機やアンテナを使用して交信し、電波の飛び方などを研究してきました。

JARLのジャンル別楽しみ方 (jarl.org)にありますが現在のアマチュア無線はどうなんでしょう。アマチュア無線にもっと自由を!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です