PICerFTその後

さて、VPP,VDDの電圧についてやっと動作状態が把握出来ました。

PICerFTをUSBの接続すると、この時点では12V,5Vが確認出来ます。ところが、書き込みソフトを起動すると0Vとなります。

書き込み等実行すると、12V,5Vが確認でき書き込みが出来ています。

無事動作しているようなので安心しました。

カテゴリーPIC

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です