Ubuntu をUSB にインストール

MMLinux が USB にインストール出来ないので Ubuntu をインストールしてみた。USB からLinux が起動しうまくいったのですが、Windowss10 が Linux からでないと起動出来なくなってしまいました。

ブート マネージャーをいじっているうちに Windows が起動できなくなり、ブート マネージャーを変更して何とか起動出来るようになったのですが、

この後 Windows が起動しUSB をさしておけばUSBブートもできます。
BIOS を見てみると、

Windows の入った SSD が表示されていません。でも Windows は起動できるのです。納得出来ないのですが簡単に USBブートも出来ますのでしばらくはこのままでいきます。

AVRISP mkⅡ中国から届きました

PICKIT3がうまくいったので次はAVRISP mkⅡを試してみます。まずAtmel Studio 7をインストール。AVRISP mkⅡをUSBに差し込んだところビックリマークが!!
ドライバーをインストールしなければなりません。とりあえずAtmel Studio 7のドライバーフォルダーからインストール。あれCOMポートが出てきません・・・・

Microchip-Tool として認識されています。

ToolからAVRISP mkⅡを選ぶことができプログラム書き込みも出来るようになりました。

私のAVRISP mkⅡ互換機はATMEGA128Aが使われています。USBシリアル変換とばかり思っていましたのでCOMポートばかり気にしていました。

NNLinux USB インストール

ATU-100 の表示がうまくいかないので気晴らしに日本の高校生が作ったNNLinuxを試してみました。といってもPCに直接インストールは怖いのでUSBで試すことに。
UNetbootin で簡単にできそうです。

isoファイルを指定してOK、これでUSBからNNLinuxが起動できます。起動時間は結構かかりますが動作は軽くいけそうです。
Arduino をインストールしてみましたが起動も早く使えそうです。ただ Live USB というだけあって設定は保存されません。NNLinuxインストールというアイコンがありこれでインストールをしなければダメなようです。

早速USBにインストールしょうとしたが同じUSBにはどうしてもインストールできません。しかたなくUSBをアマソンに注文、届きしだい再度インストールしてみます。

ATU-100 OLEDディスプレイ表示テスト


手持ちのOLEDに表示のためプログラムの書き換えが必要と思っていましたが、EEPROMを書き換えで可能なようです。そこで 00 → 78 01 → 05 に変更しましたが表示できません。

アドレスは
0x78 
SSD1306 OLEDディスプレイは
4 r 5
の設定でいいはずなのですが・・・・

<追記>
1602 LCD でも

アドレスは
 0x27 
1602LCD
 1
やっぱりだめでした。

PICKIT3が中国から届きました

いまさらなぜPIKKIT3,、実はATU-100キットを注文したからです。まだ届きませんが後から注文したPIKKIT3が先に届きました。


設定変更にEPROMの書き換えが必要なので購入しました。早速MPLBA X IPCに接続したところ認識されますが動作しません。手持ちのUSBケーブルに問題があったようで付属のUSBケーブルに変えたところ無事動作しました。128×64 OLED LCDディスプレイを持っているのでマルツで購入したPIC16F1938で表示テストをしてみます。