mikroC PRO for AVR

mikroC PRO for AVRをインストールしてみました。

ATMega168でLCD表示をしていたのですが、なかなかうまく表示できません。

ところが、mikroC PRO for AVRをいたずらしているとライブラリーマネージャーなるものがありサンプルプログラムもありました。

LCDの設定がわかりやすく基盤にあわせてみました。

// LCD module connections
sbit LCD_RS at PORTD2_bit;
sbit LCD_EN at PORTD3_bit;
sbit LCD_D7 at PORTD7_bit;
sbit LCD_D6 at PORTD6_bit;
sbit LCD_D5 at PORTD5_bit;
sbit LCD_D4 at PORTD4_bit;
sbit LCD_RS_Direction at DDD2_bit;
sbit LCD_EN_Direction at DDD3_bit;
sbit LCD_D7_Direction at DDD7_bit;
sbit LCD_D6_Direction at DDD6_bit;
sbit LCD_D5_Direction at DDD5_bit;
sbit LCD_D4_Direction at DDD4_bit;
// End LCD module connections

あとはそのままで、

20120302111155

接続変更で簡単に表示出来ました。

ATTINY2313ではと試したみましたがどうしても表示出来ません。

http://jsdiy.web.fc2.com/lcdclock/

を試してみると、見事カレンダー時計が動いてくれました。

DSCN2368

これは面白そうなので基盤に組んでみたいと思います。

カテゴリーAVR

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です