ATU-100 OLED に表示できました

うまくいかなかったOLED表示ですが、どうもダウンロードしたファイルが壊れていたようです。新しくダウンロードしたファイルを書き込むと表示出来ました。

1602表示もできました。

ずっと悩んでいましたが原因がまさか書き込みファイルにあったとはがっくりです。

ところで注文したATS-100キットはすでに届き開封しましたがそのままになっています。

ATU-100 OLEDディスプレイ表示テスト


手持ちのOLEDに表示のためプログラムの書き換えが必要と思っていましたが、EEPROMを書き換えで可能なようです。そこで 00 → 78 01 → 05 に変更しましたが表示できません。

アドレスは
0x78 
SSD1306 OLEDディスプレイは
4 r 5
の設定でいいはずなのですが・・・・

<追記>
1602 LCD でも

アドレスは
 0x27 
1602LCD
 1
やっぱりだめでした。

PICKIT3が中国から届きました

いまさらなぜPIKKIT3,、実はATU-100キットを注文したからです。まだ届きませんが後から注文したPIKKIT3が先に届きました。


設定変更にEPROMの書き換えが必要なので購入しました。早速MPLBA X IPCに接続したところ認識されますが動作しません。手持ちのUSBケーブルに問題があったようで付属のUSBケーブルに変えたところ無事動作しました。128×64 OLED LCDディスプレイを持っているのでマルツで購入したPIC16F1938で表示テストをしてみます。

Frequency counter組み立て

いよいよ組み立てです。

基盤にパーツ名が印刷されていますのでわかりやすい。その代り説明書等は何にもありません。

無事完成!!

電源をつなぐと、

0

SWを押すと、

Quit

quit

Add

add

Sub

sub

Zero

zero

Table

teble

さて次は動作テストをしてみます。

 

Digital SWR meter kit

Radio-KitsのデジタルSWRメーターキットについて、
サイトには配線図、ソース等詳しく出ていますしお値段もそこそこです。

Radio-kits

たまたま初めて試したPIC16F819を使っています。
表示部だけブレッドボードに組み試してみたところ、

radio-kit

初期画面が表示、電源部分が組まれてないのでPower Offの表示。
電源回りの回路がよく分かりませんので代替パーツで再現してみたいと思う。