Frequency counter組み立て

いよいよ組み立てです。

基盤にパーツ名が印刷されていますのでわかりやすい。その代り説明書等は何にもありません。

無事完成!!

電源をつなぐと、

0

SWを押すと、

Quit

quit

Add

add

Sub

sub

Zero

zero

Table

teble

さて次は動作テストをしてみます。

 

Digital SWR meter kit

Radio-KitsのデジタルSWRメーターキットについて、
サイトには配線図、ソース等詳しく出ていますしお値段もそこそこです。

Radio-kits

たまたま初めて試したPIC16F819を使っています。
表示部だけブレッドボードに組み試してみたところ、

radio-kit

初期画面が表示、電源部分が組まれてないのでPower Offの表示。
電源回りの回路がよく分かりませんので代替パーツで再現してみたいと思う。

PICerFTその後

さて、VPP,VDDの電圧についてやっと動作状態が把握出来ました。

PICerFTをUSBの接続すると、この時点では12V,5Vが確認出来ます。ところが、書き込みソフトを起動すると0Vとなります。

書き込み等実行すると、12V,5Vが確認でき書き込みが出来ています。

無事動作しているようなので安心しました。

PICerFT完成

PICerFTの基盤を購入していましたがそのままになっていました。やっとはんだごてを握り完成することが出来ました。

DSCN2904

一応PICへの書き込みは出来るようです。
vppには12Vが出ていますが、VDDには5V出ていません。
この辺がよく分からないのですが、書き込みは出来ているようなので良しとしています。
いまさらPIC?
PICの方がアマチュア無線用の製作記事がたくさんあります。というわけで、いまさらPICとなりました。

 

PICerFT基盤

e電子工房さんからPICerFT基盤を購入しました。

DSCN2873

ブレッドボードのパーツを取り外し基盤へのはんだ付け作業の開始となります。

ひとつ足りないパーツはICソケット、デジタルSWR計のパーツと合わせてマルツパーツに注文します。