Tenna Dipper

アンテナアナライザーの製作を試みていますが、外国では74HC4046を使ったTenna Dipperの製作記事やキットがたくさん見られます。

国内では昔に比べると自作記事は少なく、またキット等は皆無に近い現状です。
どうもこの国のアマチュア無線とは、メーカー製の無線機を買い局免をもらい交信をするということのようです。

自作の送信機でと思っても高い認定料が必要となります。いろいろ自作をすればそのたびにとられます。

いつのまにか愚痴になりましたが、このTenna Dipperは奥が深いです。たくさんの方が工夫をした記事が見られます。

ということで、
私の74HC404625NHzまでしか動作しなかったのですが、VDDを6Vにすることで30MHzまで動作しました。

やっと3.5MHz~28MHzまでカバーできました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です