ネットワーク分離機能

勤務先のプリンターが時々不調、そこで新しいプリンターを購入することになりました。

仕事ではほとんどモノクロそしてコピー機能が必要となります。候補は「brother レーザープリンター A4 モノクロ 複合機 JUSTIO DCP-L2540DW」

今回はインクジェットはやめスピードが速いレーザープリンターにすることにしました。

現在EPSONのPM-3700Cを使っていますが、DCP-L2540DWをインストールするとPM-3700Cが消えてしまいました。

仕方なくPM-3700Cを再インストールするとDCP-L2540DWが使えなくなってしまいました。

うーんドライバーの競合?

とりあえす両方のドライバーをアンインストールして最初からやり直し。何とかどちらのプリンターも使えるようになりました。

DCP-L2540DWはWi-Fi接続PCは有線接続で設定完了しましたが、PCをWi-Fi接続にするとプリンターにつながりません。

またもや問題発生!

PCの共有設定?

原因はルーターにありました。

ネットワーク分離機能

それぞれのネットワーク(プライマリSSID/セカンダリSSID)に接続した無線LAN子機や、有線LANに接続した機器とのアクセスを制限し、本商品に接続した他のネットワークから分離することができます。

また、同じSSIDのネットワークに接続された子機間のアクセスを制限する機能をSSID内分離(セパレータ)機能と呼びます。本商品のネットワーク分離機能を「使用する」に設定すると、SSID内分離(セパレータ)機能も有効になります。
※WAN側(インターネット)への接続のみ可能になります。

ネットワーク分離機能を使用しないに設定!

これですべての設定が完了、快適な印刷環境が出来上がりました。

さすがレーザープリンター ADF(自動原稿送り装置)も付いているしスピードも速く満足しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です