PICerFT試作

PICerFTを取りあえずブレッドボードで作ってみました。

DSCN2746

さて、PIC用12Vが出ているか調べるとNG。

語配線が無いか調べてもありません。仕方ないのでゼロから組み直し、まず12V部分を組むがやっぱりNG。

念のためFTDIチップ内部設定をチェックすると変更されていません。

クロック供給されていなかったのです。改めて設定、やっと原因が究明されました。

電圧チェックをすると、Vpp 12V  Vdd 0V?

PICを差し込むとVddに5V弱、こおいうことなのかとしておきます。

PICerFTを起動、Connect   Detect  でPIC16F819を認識。

Check  Erse  Write  で適当なHEXファイルを書込み。

無事書込みが完了。

うーん、これでPICライターも手に入りました。基盤は1,000円もするので、ユニバーサル基盤で作るしかありません。

カテゴリーPIC

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です