ATtiny45 SWRメーター

ATmega8のDDS-VFOはうまくいきませんでしたが、eBayから0.96 Inch 4Pin Blue Yellow IIC I2C OLED Display Module が届きましたので早速試してみました。

ATtiny45にHEXファイルを書き込むと、

まだSWR検出部はつないでいませんがそれらしく表示されています。

こんな簡単な回路で良く出来ています。

RESETピンは、RSTDISBL 0 For battery level meter となっていますがヒューズを書き換えると書き込みが出来なくなるとの警告がでたので1のままにしています。

http://www.zl2pd.com/SWRmeter.html

 

ATmaga8が成仏

なかなか上手くいかない新しいDDS-VFO、ヒューズビットをあーでもないこーでもないといじっているとついに成仏。

ATmega8の場合Extは無いはずなのにFFと設定されています。リセッターをまた作らなければなりません。

今回はArduinoNanoがあるのでこれで作ることにしました。

http://100year.cocolog-nifty.com/blog/2014/05/atmega488816832.html

こちらを参考にブレッドボードに組み上げてみました。

D → W → Y → R で無事初期状態に戻すことが出来ました。

ATmega8はまた使えるようになりめでたしめでたし。

リセッターはこれからも必要となる可能性大なのでちゃんと作っておく必要があります。

ATmega8 ATtiny45

ATmega8 ATtiny45がマルツパーツより届きました。

早速DDS VFOのHEXファイルを焼きLCDをつないでみましたが何も表示されません。ヒューズビットをいろいろ変えてみましたがNG

SWRメーターの I2C OLED Display もEBayから到着を待っています。着きしだいこちらも試してみたいと思います。

どちらにしてもそう簡単にはいかないようです。

今注目のブログは

今二つのブログを参考にしています。

http://ja2gqp.blogspot.jp/

JA2GQP’s Blog

プログラムソースが公開されているのですぐにトライできます。

DDS-VFO アンテナアナライザーは参考になりました。

http://nyan.ldblog.jp/

にゃん太郎

こちらも興味しんしんの記事があります。ただソースの公開がないのが残念。

やはりプログラムの勉強をしなくてはついていけません。

 

AVR LCD BOARD基盤

今まで実験したものをそろそろケースに入れ完成品としたいものです。
それにはAVR,LCDを乗せる基盤が必要になります。
ユニバーサル基盤では・・・・・

見つけました、
http://avr.gawakaru.jp/archives/518
avrlcdboard

これならスマートに仕上がりそうです。

とりあえず2枚注文、送料無料翌々日には到着しました。