Antenna Analyzer ほぼ完成

2台のアンテナアナライザーがほぼ完成しました。

にゃん太郎さんのアナライザー

なぜかDDSが動作しません。

DDSのRESETピンを変更して動作するようになりました。

ATmega328(内臓8MHz)にArduino Pro mini 3.3Vのhexファイルを書き込んでいます。

KE6DEZさんのアナライザー

どちらもそれらしく動作しています。

ただSWR値がどうも納得できない。

にゃん太郎さんのアナライザーは

50Ω 1.02      100Ω     1.04

KE6DEZさんのアナライザーは

50Ω 1.00      100Ω     1.27

100Ω で 2.0 を期待したのですがなぜ?

// Kalibrierung
// Widerst辰nde > 50 Ohm = Load / 50 = SWR
// Widerst辰nde < 50 Ohm = 50 Ohm / Load = SWR

// 100 Ohm >> SWR 2
// 150 Ohm >> SWR 3
// 470 Ohm >> SWR 9,4
//  10 Ohm >> SWR 5

if (VSWR > 10000) {VSWR = VSWR * 1.2;}

if ((VSWR > 2099) && (VSWR < 10000)) {VSWR = VSWR * 1.35;}
if ((VSWR > 1499) && (VSWR < 2100)) {VSWR = VSWR * 1.5;}
if ((VSWR > 1299) && (VSWR < 1500)) {VSWR = VSWR * 1.43;}
if ((VSWR > 1199) && (VSWR < 1300)) {VSWR = VSWR * 1.2;}
if ((VSWR > 1099) && (VSWR < 1200)) {VSWR = VSWR * 1.1;}
if ((VSWR > 1) && (VSWR < 1100)) {VSWR = 1000;}

Kalibrierungのようなスケッチも見かけますがよくわかりません。

しばらく悩むことになりそうです。

Arduino Pro Micro 壊れました

いろんなスケッチを書き込んでいるとデバイスが認識されなくなれました。

なんどやっても認識してくれません。

2個購入したのでもう一個のほうは問題が無いのでUSBコードには異常がないようです。

変なスケッチを書き込んだため壊れたようです。

Arduino NanoにArduinoISPを書き込み「書込装置」の候補の中から ”Arduino as ISP” を選び「Arduino Pro Micro 」のブートローダーを書き込み無事復旧が出来ました。

これでデバイスが認識されるようになりました。

なかなか完成しないAntenna analyzer x 2

にゃん太郎さんのバンド選択版

http://nyan.ldblog.jp/archives/46854966.html

100円ショップのプラケースに入れたのですが未完成

K6BEZ版

http://www.360workbench.com/

あり合わせのパーツでも出来ますがDigi-Keyにオリジナルパーツを注文しょうと思います。

とりあえずプリント基板が10枚もありますので手持ちパーツで組んでみます。

Arduino Pro Microが到着

到着するまでの間ボードの追加をしました。

よくわかりませんがArduinoスケッチフォルダーにhardwareフォルーダーを作りダウンロードしたファイルの中のspakfunフォルダーをコピー、これでボードが選べるようになりました。

Arduino Pro MicroをUSBに接続すると

COM10で認識されてます。

書き込みも問題なくできドライバーも自動的にインストールされました。

こんな方法でいいのか判断出来ませんが問題なく動作しています。

Digi-Keyにパーツ注文で失敗

Antenna analyzerのパーツをDigi-Keyに注文してみました。

簡単に海外送金が出来ると思い注文したのですが、私にはハードルが高すぎたようです。

手数料がややこしく結構高い、そしてマイナンバーが必要になります。

もっと簡単にネット銀行から送金出来ると思ったのが間違いでした。

とりあえずメールでキャンセルのお願いをしておきました。

Digi-Key日本では無いパーツも揃うので残念なことです。