Arduino 20MHz 再度挑戦

IDEに20MHzのボード追加で20MHzはどうも早とちりのようでした。
もう一度よく考えると20MHzのブートローダーが無く出来るはずがありません。ただLチカは早くなったように感じたのは・・・・

ではどうしたら20MHz化は出来るのでしょう?

ブートローダーのmakeファイルに20MHzの記述を追加

atmega328_20MHz: TARGET = atmega328_20MHz
atmega328_20MHz: MCU_TARGET = atmega328p
atmega328_20MHz: CFLAGS += ‘-DLED_START_FLASHES=3’ ‘-DBAUD_RATE=115200’
atmega328_20MHz: AVR_FREQ = 20000000L
atmega328_20MHz: LDSECTIONS = -Wl,–section-start=.text=0x7e00 -Wl,–section-start=.version=0x7ffe
atmega328_20MHz: $(PROGRAM)_atmega328_20MHz.hex
atmega328_20MHz: $(PROGRAM)_atmega328_20MHz.lst

atmega328_20MHz_isp: atmega328_20MHz
atmega328_20MHz_isp: TARGET = atmega328_20MHz
atmega328_20MHz_isp: MCU_TARGET = atmega328p
# 512 byte boot, SPIEN
atmega328_20MHz_isp: HFUSE = DE
# Full swing xtal (20MHz) 258CK/14CK+4.1ms
atmega328_20MHz_isp: LFUSE = FF
# 2.7V brownout
atmega328_20MHz_isp: EFUSE = 05
atmega328_20MHz_isp: isp

omake.bat でビルドすればatmega328_20MHzのブートローダーが出来ます。
ところが新しいIDEではビルドできません。toolファルダーには何もありません。

1.0.1 でビルドしなんとかatmega328_20MHzのブートローダーが出来上がりました。1.8.15 の optiboot にコピーそしてatmega328_20MHzのボード追加。

uno20MHz.name=Arduino Uno 20MHz
uno20MHz.upload.protocol=arduino
uno20MHz.upload.maximum_size=32256
uno20MHz.upload.speed=115200

uno20MHz.upload.tool=avrdude
uno20MHz.bootloader.tool=avrdude
uno20MHz.bootloader.low_fuses=0xff
uno20MHz.bootloader.high_fuses=0xde
uno20MHz.bootloader.extended_fuses=0x05
uno20MHz.bootloader.unlock_bits=0x3F
uno20MHz.bootloader.lock_bits=0x0F
uno20MHz.bootloader.file=optiboot/optiboot_atmega328_20MHz.hex

uno20MHz.build.mcu=atmega328p
uno20MHz.build.f_cpu=20000000L
uno20MHz.build.board=AVR_UNO
uno20MHz.build.core=arduino
uno20MHz.build.variant=standard

スケッチの書き込みも出来、無事 Arduino Nano(Uno) の 20MHz 化が完成です。

uSDX 74HC4053 受信出来ました

74HC4053 を基板に付け裏返しにセットしました。1.2.3.5ピンの接続を変えながらテストしたところ受信出来ました。ただ7MHzなのにUSBに設定しないと復調できません。

最終的にSi5351モジュールのCL0.CL1を逆に接続することでLSB設定で復調出来るようになりました。

74HC4053は互換性がありそうなのでLPFを作ろうと思います。ところで70円の74HC4053が使えるとはびっくりです。

uSDX 完成 ところが!

uSDX 完成しましたが何にも聞こえません。アンテナを接続しても変化がありません?

FST3253が生産終了で互換のCBT3253 を使ったのが原因のようです。1ピンが5Vに接続されていますが、CBT3253 の場合はどうもグランドに接続しなければならないようです。

1ピンを引っ張り上げようとしているうちに1ピン2ピンが!!

仕方なくCBT3253 を取り外しましたが PCB を壊してしまいました。1ピン2ピンは直接基板にはんだ付けすることにします。CBT3253 について良く調べてから作業するべきでした。

ATU-100 OLED 取り付け

2mmのネジが届きましたので早速 OLED を固定してみました。

さてこの作業中 予備のOLED を一個壊してしまいました。また四角い穴がいただけませんね。

パネルに固定した時ピンの頭が接触してしまい下一行しか表示出来なくなったのです。付属のOLED を使うことで何とか完成させました。
またファームウェアが 3.1 にUPしていましたので書き換えてみました。ケーブルロスの設定が出来るようですがよくわかりません。

uSDX PCB の注文

uSDX – An Arduino Based SDR All Mode HF Transceiver – PCB Iteration V1.02
の製作に取り掛かります。さて必要なPCBはないものかと検索すると、
https://shop.offline.systems/products/wb2cba-usdx-v1-02-pcbs

キットは売り切れなので即PCBを注文しました。これからパーツをそろえなければなりませんがとりあえず一歩進みました。

KN-Q7A,uBITX,そして今度はuSDX私のアマチュア無線は自作機ばかりです。