AD8307基板はんだづけ

アマゾンで手に入れたAD8307を基板にはんだづけをしてみました。はんだづけ中に左右にずれたためあまりきれいではありませんがうまくついたようです。

まだ完成するにはパーツがそろっていません。肝心なコイルを巻くコアがありません。その他もろもろ手に入れなくてはなりません。

早く完成させたいのですがKN-Q7Aで遊んでいますのでいつになるのかなあ・・・・

8P→4Pマイク変換

KN-Q7Aのマイクをダイナミックマイクに変更してみました。
IC-502 のマイクはダイナミックマイク600Ωが使われています。このマイクは4Pですのでこのままでは使えません。変換アダプターを作らなければなりません。

さて8P・4Pのコネクターをさがさなければなりません。昔は安く手に入ったのですが今はかなり高額となっています。ここで役立つのはアマゾン、送料無料でそれなりの物が手に入りました。

早速メーカー別の接続を調べはんだづけ、マイクアンプのコンデンサーマイク用の抵抗を外しKN-Q7Aに接続。マイクゲインが不足するかと思いましたが問題なく動作しました。音質も少しは良くなったようですがまだ十分とは言えません。

マイクアンプ2

KN-Q7Aの送信音の改善のため2SC1815でマイクアンプをつくりました。ユニバーサル基盤で組んでみましたが動作しません。しかたないのでブレッドボードに組みKN-Q7Aに接続。
モニターしたところ多少は改善されましたがまだクリアーな音質とは言えません。

QSOをしていると親切なOMさんから音声ファイルと周波数特性グラフをメールで送っていただけました。聞いてみるとなんとか我慢は出来ますがちょっと・・・・・。特性グラフのほうは説明のメールもいただき大変お世話になりました。ただいまグラフの読み取り中です。

シンプル受信機キット

KN-Q7Aのモニター用にシンプル受信機キットを作ってみることにしました。初めにブレッドボードでテストをすればよかったのですが即はんだ付け完了。

説明書には「なぜか一発で動かないいる人がいる」とのイラストがありましたがみごと動作しませんでした。さてチェックしてみてもミスはなさそうですがアンテナ側のソケットの位置がずれてるようなので取り外し。以前購入したハッシュ太郎で一発で取り外し完了。

付けなおしてうまくいくかわからないのでもう一度見直をしてみます。

追記
動かない原因はトランジスターの接続ミスでした。取り外し直接裏側に接続したところ無事モニターとして使えました。こんなもので聞こえるのかなと思いましたがコンディションの良いときはCWがちゃんと聞こえましたのでびっくりしました。

Tenatesta PCB 到着

本日 Tenatesta PCB が中国から到着しました。

今回は黒で作ってみましたが思ったより文字が見にくいです。Nano 版の Tenatesta は前の基板を改造して作りましたが、SWR が高めに表示され思わしくなかったのでオリジナルで作ってみたいと思います。