東京ハイパワーHC-75 到着

東京ハイパワーHC-75が届きました。早速中を確認懐かしいエアーバリコンとタイトボビンのコイルがゆったりと配置されています。

説明書のなかの回路図

これで7MHzバンド内でSWRを調整することが出来ます。古い製品ですので説明書には真空管時代のパイマッチの説明まで書かれていました。それほど懐かしい商品です。
ただ同じものを今購入しょうとするとこの値段では手に入りません。自作しょうとしてもパーツが手に入りません。貧乏ハムにとってはなかなかいい買い物でした。

東京ハイパワーHC-75

東京ハイパワーHC-75の中古を注文しました。

ポリバリコンを使った安いアンテナチューナーはたくさんありますが、やはりエアーバリコンを使ったものが欲しくなります。バリコンとコイルだけの中身ですので中古でも使えると思います。バリコンだけでも何千円する時代ですからね。回路的には安価なπマッチ・タイプの製品らしく全体的にキレがイマイチな製品のようです。しかし今は亡き東京ハイパワーのユニバーサルアンテナカップラーです。

今日は雨 SWRが3.4

今日は雨です7MHzにはたくさんの局が聞こえます。おもむろに送信なんとSWRが3.4。

アンテナアナライザーで確認すると7.005MHzでSWR1.2
雨のため同調点が下側に移動しています。
始めはアンテナの異常かと思いましたがネットをみるとやはりこういった傾向のようです。ということは雨の日は再調整をしなけれがQSOは出来ません。

ただ調整用の銅線でしばらく運用していましたが、この時は多少の変化はありましたがQSOには支障がありませんでした。

短縮アンテナの宿命なのか雨の日は受信のみとなります。

uBITX V6

uMITXが新しくなりました。uBITX V6今は予約注文のみで2020年1月20日より納入開始とのことです。今回はケース付きのフルキットまであります。すべてタッチパネルでの操作となりすっきりした面構えです。

スケッチも公開されていますので手持ちのTFTで表示テストをしてみました。このTFTはタッチパネルなのですがタイプが違い表示のみです。接続はArduino NanoにAdafruitの接続説明のSPI モード配線であっさり表示されました。(スケッチや回路図を参考に接続しましたが見誤りがあるのかだめでした。)

フルキットもTFT Raduinoで199ドルと魅力的な価格です。日本でもこんなキットを作るメーカーさんがいればアマチュア無線を始める人が増えると思います。ついでに包括免許になればもっといいと思います。

Power and SWR Meter 完成

PCBが到着しましたがなかなか手につかなかったPower and SWR Meter。今日やっとはんだ付け作業をしました。22pF可変コンデンサは買い忘れ取り付けられていません。

仮に組んだ時よりPowerが少なめに表示されますが動作は確認できました。今回はトロイダルコイル周りがこれでいいのかちょっと気になります。SWR計を持っていませんので比較することが出来ません。