AD9834が到着

本日RSオンラインよりAD9834BRUZが佐川急便で到着しました。わずかな注文ですがありがたいことです。大きな箱の中に小さな部品が一つ入っていました。改めて小さいことにびっくり、これを半田付けしなくてはなりません。ちょっと前はやれたのですが、いまは出来るか疑問です。

headerpin1

これは以前作ったものですが、今では拡大鏡を買わないと半田付けは無理のようです。
年はとりたくないものです。

AD9834BRUZ購入

DDSVFOは相変わらず上手くいかない。
動作電流を調べると、

CXO 9.53mA
LCD 0.97mA 10.5mA
MEGA168 7.32mA 17.82mA
AD9834 2.58mA 20.4mA

順番にパーツをつけ逆算してみました。
AD9834の動作電流が微妙です。
そこでAD9834BRUZの購入をすることにしました。

検索してみると、

DiGi-Key 777円 送料2,000円 消費税込み 2,777円
イーエレ 1,600円 送料 500円 消費税込み 2,100円

もう少し安いところはないかと探していると、

RSオンライン 1,201円 送料 460円 消費税込み 1,744円

マルツパーツにメールをすると、
1,575円 送料472円 納期 10日

RSオンラインで発注をしました。
在庫のある商品は翌日届くというのがすごいです。

DDS VFO顛末

DDS VFOのLCD回りの接続を修正しました。

半田付けが上手くいかず表示までには何度も半田付けのやり直しとなりました。

やっと、

DDSVFO

ちゃんと表示されプログラムどおりの動作をしてくれています。

さて表示はされていますが、本当に発信はしているのか?

気になりAD9834を外してみると、

DDSVFO

あれ、何にも変わりません。

AD9834を壊してしまったのか配線ミスなのか、ユニバーサル基盤の裏はぐちゃぐちゃですよ。

ここで取りあえずダウン!

DDS VFOに再取り組み

製作中のDDS VFOといってもキットの製作が思うようにいかず、ユニバーサル基盤に組み直していたものです。

ところがLCDの配線を逆にしてしまい、直すのがめんどくさくそのままにしていました。

久しぶりにLCD回りを接続し直してみました。ところが電源を入れてもLCDには何も表示されません。

しばらく悩みましたが、結局コントラスト調整ボリュームが逆接続で反対回しにして表示することが出来ました。

DDS VFO

以前の設定の7MHzが表示されています。受信機でモニターをすると、確かに発信していることが確認できます。

ところが、しばらくスキャンさせていると表示をしなくなってしまいました。どうもLCD回りの接続が不完全のようです。

やれやれ、後は明日にします。上手くいけばケースに入れそれらしくしたいと思います。

LCDの穴あけがやっかいな仕事となりますが、・・・・・・