水晶発振器 50MHz

今実験中のDDS-VFOには水晶発振器 50MHzが使われています。もう一台作ってみようと、水晶発振器 50MHzをマルツパーツで調べると1,050円します。

ところが、動作電圧3.3Vの水晶発振器 50MHzは250円とかなり安く手に入ります。

3.3Vの3端子レギュレーターを使うのもめんどくさいし、そこで抵抗を使うことにしました。

カットアンドトライ、200Ωで3.26Vになりました。

DSCN2305

カウンターで50MHzの確認が出来ます。

わずかの価格差ですが貧乏無銭家にはありがたいことです。

DDS-VFOやっと動作

DDS-VFOがやっと動いてくれました。

当初キットを作り動いていたのですが、実験をしているうちに基盤まで壊してしまいました。

そこでユニバーサル基盤に組み直し、配線ミスでAD9834を破壊してしまい再度購入。

配線を見直し新しいAD9834を半田付けをして基盤に乗せテスト。

DSCN2300

やっと完成にこぎつけました。

ロータリーエンコーダーもコンデンサーを入れることで、アップダウンもスムーズに動かすことが出来るようになりました。

DDS-VFOに再取り組み

AD9834 を手に入れてからほったらしの DDS-VFO ですが、AD9834 の半田付けをしてみることにしました。

小型の基盤にセロテープで止め半田をどばっと流して固定。そして余分な半田を取り除きます。

昔は熱が伝わらないようにペンチではさんで半田付けと、かなり神経質に取り扱っていました。

DSCN2298

LCD をつなぎ電源を入れると 25mA弱の動作電流が確認出来ます。

周波数カウンターをつないでも表示されません。受信機でモニターするとビート音が確認され発信していることがわかります。

AD9834 の交換でやっと動作するようになりました。次はロータリーエンコーダーの実験をしてみようと思います。

エアーバンドコンバーター

マルツパーツのパーツ豆知識にエアーバンドコンバーターの製作記事があります。

発信部(局発)内臓IC SA602A を使いシンプルなものです。

20110505114932

このICはDBM(Double-balanced mixer)と発振回路を内蔵したもので、外部部品点数が少なく、簡単に「周波数変換」を行うことが出来ます。

ちょっと実験してみる価値はありそうですが肝心なICがありません。IC1個だけの通信販売では無駄なのですぐにはトライ出来ません。

ところで50MHzや144MHzで使えればいいのですが。

50MHzクリコン完成

不足のコンデンサーを取り付け50MHzクリコンが完成しました。

カウンターで調べると局発が発信していません。コイルのコアを入れていくと無事発信してくれました。

局発が22.16MHzなので50MHzは27.84MHzからとなります。さて受信してみると,

ノイズばかりで何も聞こえません。やはり閑古鳥が鳴いている状態なのでしょうか?

51MHzのFMモービルでも出てないかとダイヤルを回していくと、短波放送がはいり29.20MHz付近でSSB局が入館。

よく聴くとCQ40m・・・ありゃ7MHzが聞こえています。

7MHz+22.16MHz=29.16MHz

50MHzクリコンのはずが、7MHzクリコンになってしまいました。ということはクリコンは動いています。

50MHzもオンエアしている局がいれば聞こえるはずだと思います。

50MHzクリコンを作る