オシロスコープの活用

今欲しい測定器、それはオシロスコープです。
手に入れる前に、やはりオシロスコープの基本と使い方を勉強しないと宝の持ち腐れになる可能性大です。
候補に挙げたのがこの本です。

一石アンプの実験

ダーリントン接続ラジオに一石アンプを付けてみました。
これもバラックでの実験です。

DSCN2135

イヤホンジャックにパーツを半田付けをして完成とします。

ダーリントン接続ラジオにつなぎ聴いてみると多少音が大きくなっています。
アース側に10m位の線をつなぐと耳からイヤホンを外しても聞こえるくらい大きな音で聴けます。

外部アンテナなしでは感度不足なので、今度はコイルを大きなものに変えてみたいと想います。

カラーポータブルデジタルオシロスコープ

安いを見つけました。
Amazonで¥32,800 これは欲しくなります。
20101203221515

1ボタンAUTOセットアップ機能、プリトリガー機能、自動校正機能搭載
6KWロングメモリーで波形のZOOMインアウトが可能
ピーク波形検出、アベーレージ、パーチェス測定機能搭載
4波形保存、比較、4計測設定保存機能、5パラメーター測定、カーソル測定機能

カスタマーレビューも最高評価、小型で使いやすそうです。

送料無料新製品想定外究極の100Msサンプリング25MHzカラーポータブルデジタルオシロスコープフルセットPDS5022

ダーリントン接続ラジオの実験

早速ダーリントン接続ラジオを作ってみました。
といってもバラックでの実験となりました。

DSCN2134

コイルは安いゲルマニュームラジオのキットからはずしました。コイルが小さいのでゲルマニュームラジオは10m位の線をつないでもかすかに1局しか聞こえません。

さて作ったラジオは電池をつなぐとFENと文化放送が小さいながら聞こえます。
そこで10m位の線をゲルマニュームラジオと同じようにつなぐと、大きな音でFENと文化放送がポリバリコンを回しても同じように聞こえます。
アース側につなぐとFENと文化放送、そしてあと2局聞くことが出来ました。混信もなく聴くことが出来ます。
コイルを大きなものにすれば感度が上がると思います。